今さら聞けない…を解消!仮想通貨ってなに?⇒

当サイトの想い・運営方針

「俺、今のままでいいのだろうか?」

「今後の人生、不安だな…」

これを読んでいただいている方は、そのような思いを持っているかもしれません。

そんなあなた方に向け、当サイトは

人生を、もっと前のめりに。

をコンセプトに、仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信していきます。

あなたが理想を描く“幸せな人生”を歩むため、このブログがその道筋を与える存在になれば幸いです。

  • YouTubeを観ている通勤時間
  • ランチ後にゆったりしている昼時間
  • ネットサーフィンに費やす就寝前の時間

このような時間に、暇つぶし感覚で読むだけで、少しずつ人生に対する不安、将来に対する不安が消えていく。気づいたら、1か月、1年後・5年後・10年後のやるべきことが明確になっている。

日々、全力で仕事に勤しむ30代が、知りたいと思っていたけど知れなかった『仮想通貨』に関する情報を、分かりやすく伝えていくWebサイトです。

「人生を、もっと前のめりに。」に込めた想い

「人生を、もっと前のめりに。」のコンセプトのもと、私がこのブログを通して目指しているのは、将来へのお金の不安解消、課題解決を通じて、30代の皆さまがやりたいことにチャレンジし、人生をもっと前へ進めるサポートをしていくことです。

今後の日本、否、世界の中心で活躍しゆく30代の皆さま一人ひとりの前進とともに、30歳の私自身も「もっと前のめりに」進み続けようとの決意、意思を込めています。

このブログを通して、読者の方がほんの少しでも「前に進んだ」「将来に向けて勉強になった」となればと、現時点でワクワクが止まりません(まだブログ1記事も書いていません笑)。

世界79億人の中でたった1人でもいいので、その人に価値を提供し喜んでいただける、そんなブログを創っていきます。

当サイトの運営方針

世の中には『稼ぐ方法』について、有益な情報がたくさんあります。

例を挙げれば、株、ブログ、アフィリエイト、FX、投資信託、副業、アルバイト、Webデザイン…などなど。

検索をすれば無数に情報が目に飛び込んできます。

しかし、Webに存在する多くの記事が、

  • 専門的な内容で理解しづらい
  • 長文で読みづらい 
  • 結論が先に来ない

という課題を抱えています。

「仮想通貨(暗号資産)」と聞いて、「なんか怖い、怪しい」という思いを持つ方も多いはずです、私もそうでした。

ただ、結婚し子どもが生まれ将来のことを真剣に考えたとき、お金に関する好き嫌いをやめて「もっと前のめりに学んでいかないと」の想いに至りました。

だからこそ自身で勉強しながら、先ほど挙げた課題に対しても、

  • 分かりにくい内容を分かりやすく
  • あふれる情報の中から必要なものだけ
  • 重要度の高い情報を優先して
  • 結論は先に述べる

これらを体現し、皆さんに「役に立った」と言ってもらえるブログを創りたいと考えています。

上記の内容を踏まえ、以下の方針でブログ運営に努めてまいります。

  1. ユーザーファーストに努めます
  2. 専門的内容を分かりやすく伝えます
  3. 情報を整理します
  4. 情報に優先順位をつけます
  5. 信頼性のある情報を届けます
  6. 徹底的に比較します
  7. 結論ファーストで伝えます

方針❶「ユーザーファーストに努めます」

  • 仮想通貨の買い方、売り方
  • おすすめの取引所、銘柄

など、あらゆる記事で『皆さんにとって1番役に立つ情報は?』を第一に考え、記事にまとめます。

方法❷「専門的な内容を分かりやすく伝えます」

投資やブログに関する専門知識がない人が見ても「あ、そういうことか!」と理解できるよう、かみ砕いて解説・説明します。

方針❸「情報を整理します」

Web上に情報が溢れ、『何が正しい情報なのか?』と迷ってしまう場面が度々あります。

当サイトでは、訪れてくださる皆さんにとって不要な情報をなくし、『皆さんが知るべき情報』を考え抜き、それを過不足なく伝えていきます。

方針❹「情報に優先順位をつけます」

初めてその情報を目にしたあなたも「こういう順序で行動すればいいんだな」と理解できるよう、情報に優先順位をつけ記事にまとめます。

方針❺「信頼性のある情報を届けます」

自分の知識は学んだ内容も含め、惜しみなくユーザーに届けます。

もし専門知識がない場合は、精通している方の文章を引用するなど、信頼性のある情報の担保に努めます。

方針❻「徹底的に比較します」

行動に選択肢が生じる場合、自身で比較し、情報を検証することで事実を確認し、責任をもって情報発信してまいります。

方針❼「結論ファーストで伝えます」

『結論→理由→具体例』の順序で、ユーザーが真っ先に手に入れたい情報を提供し、ユーザーの理解度が深まるように努めます。