今さら聞けない…を解消!仮想通貨ってなに?⇒

リップル(XRP)とは?今後のリスクや価格予想・将来性を解説

リップルとは?価格・将来性を解説

この記事のレベル

初心者
重要度
難しさ
サン子

リップルってどんな仮想通貨なの?2022年以降は値上がりしていくのか知りたい…

このような疑問を解決します。

この記事の結論
  • 2022年7月現在、リップル(XRP)は時価総額7位の人気の高い銘柄
  • 2022年7月現在、40円台で価格推移
  • リップルは送金速度が非常に高い
  • 世界中の金融機関で導入されているため、値上がりが期待できる
  • リップルを購入するならCoincheck、DMMビットコインなどがおすすめ

今回は、リップルの概要や今後の将来性・価格予想について分かりやすく解説します。

ごりら

この記事を読めば、リップルがなぜ期待されて値上がりを見込めるかがわかるゴリ!

これからリップルへの取引を検討している方は、ぜひ最後まで参考にしてみてください。

DMMビットコインならスマホから簡単に取引ができ、少額からリップルを購入することができます。

初心者の方でも使いやすい取引所ですので、この機会にDMMビットコイン公式サイトをチェックしてみてくださいね!

目次

リップル(XRP)の概要

リップル(XRP)の概要は以下のとおりです。

トークン名XRP(リップル)
シンボルXRP
価格¥44.89(2022年7月現在)
時価総額¥2,156,537,333,239(〃)
時価総額ランキング7位
公式サイトhttps://ripple.com/

3つの特徴|リップル(XRP)

最初に、リップル(XRP)の通貨としての特徴について紹介します。

リップル(XRP)には3つの特徴があります。

  1. 国際送金に特化している
  2. 中央集権型の仮想通貨
  3. 送金スピードの速さ・取引コストの低さ

それでは、詳しく見ていきましょう!

❶国際送金に特化している

1つ目は「国際送金に特化している」点です。

リップルは国際送金をスムーズにするために作られた仮想通貨です。ブリッジ通貨としての役割を果たします。

ブリッジ通貨…お金とお金の仲介役。2つの通貨をつなぐ橋渡しとなる通貨のこと。

例えば、日本からアメリカに対して、日本円を米ドルに替えて送金したい場合、「日本円→リップル→米ドル」となり、リップルは日本円と米ドルの仲介役となります。

リップルのようなブリッジ通貨を利用することで、手数料を安く抑え、手続きもスピーディーに行うことができます。

❷中央集権型の仮想通貨

2つ目は「中央集権型の仮想通貨」です。

ビットコインやイーサリアムなど多くの仮想通貨が分散型であるのに対し、リップルは中央集権型の仮想通貨です。

リップルにおける管理者は「リップル社」。万が一トラブルが発生した際、責任の所在が明確である点が中央集権型のメリットです

一方、デメリットは内部不正が発生するリスクや、管理者側の何らかの都合によって一時的に取引停止になる可能性が挙げられます。

サンゼロ

他の仮想通貨はみんなで管理しているのに対し、リップルは1つの会社が管理しています。

❸送金スピードの速さ・取引コストの低さ

3つ目は「送金スピードの速さ・取引コストの低さ」点です。

リップルを利用すれば、素早く国際送金でき、なおかつ送金コストを抑えられます。

従来の国際送金では、着金までに時間がかかる上に手数料を取られます。例えば、アメリカに10万円を送金する場合、

国内の銀行からだと、

着金までに3営業日以上、送金手数料は3,000~5,000円。なおかつ、一度に送金できる金額に上限があり、複数回の送金になれば時間と手数料はその分かかる。

リップルからだと、

着金まで約3.3秒。送金手数料は約0.044円(0.0004ドル)

出典:リップル公式HP
ごりら

ビットコインだと45分、イーサリアムでも約5分かかるけど、リップルなら約3秒で終わるゴリ!

現在の価格動向|リップル(XRP)

直近6か月のチャート画像とともに価格動向を解説します。

2022年上旬から下落トレンド。この期間で半値以上の価格下落を経験しました。ビットコイン、イーサリアムなども同じような動きとなり、仮想通貨全体が弱気です。

なかでも、2022年5~6月の下落幅は大きいです。

  • ステーブルコインUSTのディベッグ騒動
  • 米金利の上昇

等の理由で仮想通貨全体が冷え込んでいる状態です。

これまでの価格推移|リップル(XRP)

ここでは、リップルのこれまでの価格推移をチャートを用いて解説します。

以下、2013年8月~2022年7月までのリップルのチャートです。

2017年

2017年までは0.008ドル付近を安定的に推移していました。

2017年1月から1年間で約0.7円から約382円にまで、約545倍にまで高騰しました。

価格上昇の主な要因は?

三菱東京UFJが、リップルの技術を活用し、アメリカの大手銀行6社合同で次世代の国際送金サービスを始めると発表。それが主な要因と言われています。

2018~2020年

2018年には仮想通貨バブルは崩壊し、リップルの価格は暴落。

最高値を更新した2018年1月から1か月で、価格は約382円→約80円にまで下がりました。

その後も下落トレンドで、2020年6月ごろまで価格を落とし続けます。

価格下落の主な要因は?

投資家の利益確定、リップルの将来性に不安を覚えた人が増えたことが主な要因と言われています。

2020~2021年

リップルをはじめとした仮想通貨は大きく価格を回復させます。

特に2021年は、

  • ビットコイン先物ETFの申請許可
  • エルサルバドルがビットコインを法定通貨化

など、ポジティブニュースが重なり、仮想通貨全体が大きく価格上昇しました。

リップルも上昇相場の波に乗り、一時期200円を超える価格も記録しました。

2021年~現在

大きな流れは下落トレンドに入っています。

リップルの価格変動に大きな影響を与えたと思われる要因は以下のとおりです。

  • 4月:Lykke Exchangeでリップル再上場。コインベースでリップル再上場。
  • 7月:SBIレミットとSBI VCトレードでリップルを使用した国際送金サービスを開始
  • 8月:韓国の送金業者GMEがリップルネットワークに参加
  • 10月:UAEとカタールの金融機関がリップルを導入。DeFiでリップルが使えるようになる。
  • 11月:Swell開催。リップル社がパラオ共和国と提携。

海外・金融機関との提携、取引所の上場は、値上がりの要因となりやすいという特徴があります。

おすすめの仮想通貨取引所|リップル(XRP)

サン子

リップルを買いたいけど、どこで買えばいいんだろう?

ごりら

おすすめの仮想通貨取引所を紹介するゴリ!

おすすめは以下のとおりです。

  • Coincheck
  • DMMビットコイン
  • bitFlyer
  • GMOコイン

それぞれ詳しくみていきましょう!

Coincheck(おすすめ!)

出典:Coincheck ㏋
おすすめポイント!
  • 東証プライム上場「マネックスグループ」が親会社なのでセキュリティ安心
  • アプリダウンロード数№1
  • 約500円から仮想通貨を購入できる

Coincheckマネックスグループが運営している仮想通貨取引所。リップルは約500円から購入できます!

入出金手数料はかかかりますが、サポート体制は電話、メール、ウェブチャットと充実しています。

取引手数料無料
※スプレッドあり
日本円入金手数料無料(銀行振込手数料は自己負担)
770~1018円(コンビニ入金・クイック入金)
日本円出金手数料407円
送金手数料あり(通貨によって異なる)
ごりら

スマホの取引アプリは初心者でも操作しやすい、シンプルなデザインが特徴で、ダウンロード数№1だゴリ!

\アプリダウンロード数№1/

DMMビットコイン

出典:DMMビットコイン ㏋
おすすめポイント!
  • DMMグループが運営、セキュリティ安心
  • アプリで簡単に取引可能
  • 国内唯一の「BitMatch」機能で、スプレッドを気にせず取引可能

DMMビットコインはDMMグループが運営している仮想通貨取引所です。

ごりら

レバレッジは15種類、現物11種類の取引ができて、レバレッジは国内№1の取扱い数だゴリ!

日本円の入出金に手数料が発生しないのも嬉しいポイントです。

サポート体制はメール、もしくはLINEが利用できるので、不明点があればすぐに相談できますね。

取引手数料無料 ※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料無料
日本円出金手数料無料
送金手数料無料
レバレッジ手数料建玉金額の0.04%/日

bitFlyer

出典:bitFlyer HP
おすすめポイント!
  • ビットコイン取引量が6年連続№1(※)
  • 取引所の中で長い歴史を持つ
  • 独自のクレカを発行。買い物でビットコインが貯まる

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年~21年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは株式会社bitFlyerが運営している仮想通貨取引所です。

17銘柄を取り扱っており、1円分からリップルを購入できます。

bitFlyerは取引所・販売所以外にも仮想通貨のレバレッジ取引や積み立て投資といったサービスも提供しています。

取引手数料無料 ※スプレッドあり
日本円入金手数料無料(銀行振込手数料は自己負担)
無料(住信SBIネット銀行からのクイック入金)
330円(クイック入金)
日本円出金手数料三井住友銀行:220~440円
その他の銀行:550~770円
送金手数料あり(通貨によって異なる)
レバレッジ手数料建玉金額の0.04%/日

GMOコイン

出典:GMOコイン HP
おすすめポイント!
  • GMOインターネットグループの子会社が運営しているので安心
  • 取引手数料、入出金手数料、送金手数料がすべて無料
  • 国内最多の20銘柄を1000円未満から購入できる

GMOコインは、GMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

上場している仮想通貨は20銘柄。紹介する取引所の中では、取扱い通貨数が最多です。

入出金手数料は無料で、取引所・販売所どちらにも対応しています。

今後の価格影響に与えるポイント|リップル(XRP)

特におさえておきたいポイントは以下の3点です。

  1. 取引承認速度をキープできるか
  2. SECとの裁判の動向
  3. アジアへの普及

取引承認速度をキープできるか

リップルは、取引承認速度が他と比較し早いのが特徴です。

例えば、ビットコインキャッシュの取引承認速度が約10分に対して、リップルは約3~5秒です。

この取引承認速度の速さが市場で評価されているポイントであるため、その実力を保てるかどうかが今後の価格に影響を与えます。

ごりら

リップル以上に取引承認速度が速い仮想通貨が出てきたら、そっちに流れちゃうんだゴリ!

SECとの裁判の動向

2020年12月、リップル社は、SEC(米国証券取引委員会)から訴訟を起こされ、裁判を行っている途中です。

この裁判の動向によって、リップルの今後の価格が左右される可能性は大いにあると考えられます。

サン子

なんで、リップル社は訴えられてるの?

SECがリップル社に対し、「許可を得ていない有価証券(リップル)をリップル社が勝手に販売し、不当に利益を得ている」と指摘しているそうです。

ポイント)株式や債券といった有価証券を売るには事前の届け出が必要。

もし、リップルが有価証券であると裁判で判断されれば「リップル社は無許可で有価証券を販売した」となり、有罪になります。

ごりら

つまり「リップルは有価証券であるか否か」で、もめているってことだゴリ!

リップルのCEO、ブラッド・ガーリングハウス氏は「問題解決に向けいい方向に進んでおり、2022年には決着がつく可能性がある」と推測しています。

これからリップルに投資を考えている方は、この裁判の動向をチェックするようにしましょう!

アジアへの普及

リップルの送金サービスは、アジアでも普及が進んでいます。

サンゼロ

過去5年間では、ベトナム、タイ、カンボジア、フィリピンで送金サービスが開始されています。

アジアは急速に経済が発展していることから、今後さらにリップルの送金サービスが普及していくかがリップルの価格に影響を与える可能性は大きいでしょう。

【2022年】今後の見通し・予想|リップル

リップルの取引をするために必ず押さえておきたいポイントは、以下3点です。

  • 提携企業の増加
  • CBDCの実用化
  • 全てのリップルがすでに発行済み

詳しく説明していきます。

提携企業の増加

リップルを活用した国際送金サービスを取り入れている金融機関は世界で増えてきており、今後もその数を増やしていくことが予想されます。

例えば、以下のような金融機関が参加しています。

  • SBIホールディングス
  • りそな銀行
  • みずほフィナンシャルグループ
  • MUFG など

以下は海外の金融機関です。

  • アメリカン・エキスプレス
  • パンク・オブ・アメリカ
  • インドスインド銀行
  • サンタンデール銀行
  • タイ銀行 など

2022年2月14日には、ドイツ・デジタルユーロ協会とも連携し、今後デジタル通貨の研究、開発を共同で進めていく予定です。

ごりら

リップルがさまざまなところで使用されれば、その分だけ利用者が増え、需要も高まるため、値上がりを見込めるんだゴリ!


CBDCの実用化

2021年9月23日、リップル社はブータン王国の中央銀行と連携して、デジタル版の法定通貨であるCBDCの運用試験を実施すると発表しました。

その直後にリップル価格が上昇していることから、CBDCの実用に向けて投資家の期待感が高まったことが考えられます。

CBDCにリップルが活用される背景として、リップルの消費電力の低さがあります。

また、他のブロックチェーンと比べて少ない消費電力で稼働できるため、環境にやさしく低コストである点もCBDCに採用する国が増えてきている理由です。

サンゼロ

今後もさらに多くの国でCBDCとして採用され、さらに実用化が進んでいけばリップルの価値が上がっていくと期待値が高まりますね!

全てのリップルが既に発行済み

リップルの枚数は全部で1000億枚

リップルはすでに全て発行されており、数に限りがあるため、今後は希少性を認められて値上がりする可能性があります。

ビットコインのように、取引の承認作業が進むごとに少しずつ追加発行されることもないため、もしリップルが普及し続けて需要が高まれば、その分だけ値上がりする見込みがあります。

今後の値動きは?

企業顧客向けの市場予測を専門としている「The Economy Forecast Agency」は「リップルの価格が2.50ドルに達する可能性がある」と述べています。(2022年7月現在0.39ドル)

リップルの価格予想をしている他メディアでも、著名人やAIによる価格予想を公開していますが、いずれもあくまで予想であるため、その通りに値動きするとは限りません。

ごりら

今後、リップルの購入を検討している方は、暴落リスクも考慮しておくゴリ!

まとめ|今後の動向に注目!

今回は、人気が高い仮想通貨として知られるリップル(XRP)の特徴、今後の見通しを解説しました。

以下、この記事のまとめです。

この記事のまとめ
  • 2022年7月現在、リップル(XRP)は時価総額7位の人気の高い銘柄
  • 2022年7月現在、40円台で価格推移
  • リップルは送金速度が非常に高い
  • 世界中の金融機関で導入されているため、値上がりが期待できる
  • リップルを購入するならCoincheckなどがおすすめ

今回紹介したように、リップルはビットコインやイーサリアムなどと比べても送金スピードが速い特徴があります。

今後、国際送金などのシーンで利用されるブリッジ通貨としての役割が期待されています。

ごりら

リップルは国内取引所でも取引できるんだワン!

なかでも、豊富な銘柄を取り扱うDMMビットコインであれば、リップルをはじめとした仮想通貨を少額から購入することができます。

初心者の方でも使いやすい取引所ですので、この機会にDMMビットコイン公式サイトをチェックしてみてくださいね!

よかったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのサンゼロですよ。
過去に、自己破産経験をもつ東京在住30(サンゼロ)歳・サラリーマンが、勢いだけで始めた仮想通貨・暗号資産について、ブログにまとめていきます。

コメント

コメントする

目次